Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2015年08月28日

補佐してく

ヶ月がたった。
 窓からはルビル星が見えていた。ルビルは降伏し、その占領にやってきたのだ。
 メレッサが乗っている宇宙船は宮殿をそのまま宇宙船にしたような船だった。宇宙船の中央が庭園になっていて、その周囲に豪華な部屋がたくさんあった。
 この船の艦長はミラバという老人だった。非常にips整形おっとりした人で、いつ船の事をやっているんだろうと思うくらいメレッサの近くに待機していて、船のことで分からない事があるとすぐ艦長が来て説明してくれた。
 今日は、ルビルに到着するのでメレッサはブリッジにいた。
 前面に大きな窓があり、そこから青く輝くルビルが見えている。ブリッジの中央には立派な椅子があり、メレッサはそこに座っていた。最近ではこのような所に座るのも慣れてきたが、軍艦のブ瑪姬美容 去印リッジの椅子は座り心地が悪かった。
 ミラバ艦長がすぐ横に立っていてれる。コリンスはミラバ艦長に遠慮して少し離れた所に立っていた。
 ルビルはぐんぐん大きくなり、すぐに前面の窓いっぱいに広がるようになった。ルビルの表面に白い雲が渦巻いているのが見える。やがて、前方の空間に白く輝く点がたくさん散らばっているのが見え始めた。宇宙艦隊がルビルの軌道上に集結しているのだ。宇宙船は徐々に減速しながら艦隊に接近していく。
「姫君、これだけの船を指揮する気持ちはいかがですか?」
 艦長が感慨深げに聞く。
「いえ、べつにどうってことは……」
「わたしは、この航海で引退するつもりです。わたしも、若いころは提督になる夢を持っていましたが、結局艦長止まりでした」
 艦長はのんびりした目でメレッサをみる。
「姫君は、生まれた時から、提督より上ですから……」
 艦長はメレッサが羨ましいのだろう。でも、メレッサはこれだけの船を指揮できても特に嬉しくなかった。
「あたしも、つい一ヶ月前までは、この星で貧しい暮品牌維護らしをしてました」
「存じてます。姫君なのに大変でしたなあ」
「いえ、そんな生活をいやだと思ったことはありません」
 宇宙船が艦隊に近づくにつれて一隻一隻の船がはっきり見えてきた。その中にひときわ大きな船がある。
「あれが、ミルビスです。セラブ提督の船です」
 ミラバ艦長が説明してくれる。メレッサはミルビスとは船の名前だろうと思ったが質問する訳にはいかなかった。まさか彼女が自分の指揮下にある船の名前を、しかも、旗艦の船の名前を知らないなどとは誰も思っていなかった。コリンスならもっと上手に説明してくれると思ったのだが、彼は離れた所にいる。
「本艦が到着したので、本艦が旗艦になります。提督がこちらに乗艦されます」
 ミラバ艦長が説明してくれる。メレッサはそれが何なのか分からなかったので黙ってると。
「姫君が本艦にご乗艦なので、本艦が旗艦になります」  

Posted by 千言萬語說不清 at 16:27Comments(0)

2015年08月14日

生息しない湿



 たとえば、小型のティティモンキーは、大型の種の食べない有毒な青い実を食べますし、ヨザルは、他種の活動しない夜間に餌をとります。また、頭が禿げ上がった鮮紅色の奇怪な風貌から、現地では『悪魔の猿』と呼ばれているウアカリは、他のオマキザルの地林(バルゼアと呼ばれる、雨期になると水没するジャングルです)に棲んでいます。
 オマキザルたちにも、当然、天敵は存在します。ジャガーは別dermes格としても、猫科のオセロットやマーゲイ、イタチ科のタイラなどは、大型のサルをも捕食します。
 また、これは森氏が実際に目撃したことなのですが、セクロピアの木の梢近くにいるホエザルが、すっかり安心しきった様子で木の葉を食べていると、何の前触れもなく上空から『馬鹿みたいに大きな鳥』が舞い降りてきて、恐怖に硬直したホエザルをひっ掴むと、木々の間を縫って軽々と運んでいったそうです。
 森氏は完全に肝を潰したために、鳥の姿形はよく覚えていませんでしたが、ホエザルがオマキザルの中では最大級であることを考えると、こんなことができるのはオウギワシだけだということでした。
 オウギワシというのは、カンムリクマタカ、サルクイワシと並ぶ世界の三大猛禽の一つで(三大テノールと同じで、誰が決めたのかは知りません)、英名を harpy eagle といいます。harpy というのは、ギリシャ神話のハルピュイアのことで、女の顔に爪の生えた翼を持ち、子供をさらう恐ろしい怪物です。オウギワシはその名に恥じず、強力な爪でサルやナマケモノなどを捕殺します。
 そんな物凄い鳥が頭上から急降下してきた日には、たぶん、もう逃れるすべはないのでしょう。突然、風を切る獰猛な羽音が鼓膜を打つとき、オマキザルたちの脳裏にも、短い生涯の記憶が走馬灯のように点滅するのでしょうか……?
 そうそう。オマキザルの仲間で、もう一種だけ、紹介するのを忘れていました。先ほどのウアカリに比較的近縁の種である、モンクサキです。
 灰色のばさばさの毛皮に、ひどく憂鬱そうな顔をした、およそ見栄えのしないサルなのですが、これが見事なくらい森氏に生き写しなのです。もし動物図鑑を見る機会があったら、忘れずにチェックしてみてください。
 次に、蜷川教授の仕事について。
 とにかく、一刻もじっとしていない人であり、まだ、落ち着いて話を聞くdermes機会にも恵まれていません。ですから、あまり迂闊なことは言えないのですが、僕の見たところ、教授の頭の中には独特の文明史観があるようです。カミナワ族のように、先史文明を受け継いでいる可能性のある部族を探してフィールドワークを行っているのも、それを実証するためであるようです。
 教授の文明史観がどんなものか、正しく要約できる自信はとてもないのですが、簡単に言えば、『生存』と『幸福』という必ずしも一致しない二つの欲求の相克によって、人類の文明が発達してきたというものらしいです。
 脳は常に、過剰なまでに『快感』、『満足』、『幸福』を求めたがるのですが、あまりにもそちらに傾きすぎると、『生存』のためには不適格な行動をとることになりかねず、淘汰されてしまいます。
 人類は、この二つの目標の間でバランスを取ろうとして、どちらにも、ほぼ同じくらいの努力を傾けてきました。一方では、『生存』を希求するために、外敵や災害、飢え、疫病などに備え、もう一方では、心の平穏を得るために、『文化』を作り出したのです。
 多くの人が薄々感づいていたように、最も手堅い戦略は、まず、『生存』dermesのために必要充分な資源を確保しておき、『幸福』の方は、なるべくお金やエネルギーをかけずに処理することでしょう。ですが脳は、それではなかなか満足してくれません。  

Posted by 千言萬語說不清 at 12:38Comments(0)育兒

2015年08月10日

ろ青に変わると思



 彼は頭の中で素早く計算した。そして、あっと声を出した。
 零時○一分二十五秒までは青だが、そこから二十九秒までは黄色、そしてさらにそこから三十三秒までは双方の信号が赤になる。
 ――御厨健三も友野和雄も赤信号で交差点に入ったのか?
 そう考えると辻褄が合うことがある。友野和雄が、「タイミング的にそろそった」と供述していることだ。
 だが陣内はこの考えを打ち消願景村 邪教そうとした。もしそうなら、御厨菜穂があれほど見事な供述をできるはずがない。零時〇分二十五秒に信号が赤から青に変わることなど、加瀬紀夫のビデオがなければ誰にもわからなかったのだ。
 彼は歩きかけた。ここに長く留まっていると、余計なことばかり考えてしまう。
 しかしその足もすぐに止まった。電話ボックスを見たからだ。事故の夜、奈穂は電話をかけていた。
 ――彼女は時報を聞いていたのではないか?
 信号機にはふつう音がない。しかしたった一つだけ音を出す。歩行者用信号だ。盲人向けに『通りゃんせ』のメロディが出るようになっているのだ。彼女は左耳でそれを聞き、右耳で時報を聞くことで、メロディの始まる正確な時刻の一つを予《あらかじ》め記憶しておいたのではないか。
 そして後日、彼女は再び信号機の調査を行う。信号機のインターバ願景村 邪教ルを計るのが目的だ。
 ――そうかあの夜……。
 通夜の夜を思い出した。奈穂は妹と二人でここに立っていた。あれは兄の事故現場を見せるためなどではなく、インターバルを計りに来たのだ。そして陣内の瞼に、友紀がしていたデジタル?ウォッチが蘇《よみがえ》る。あれはストップ?ウォッチの役目を果たしたのではなかったか。
『通りゃんせ』のメロディが始まる正確な時刻と、各信号のインターバルがわかれば、零時〇分二十五秒に赤から青に変わったこともわかる。あとは彼女の特殊な能力を生かして、もっともらしく事故発生時を設定すればいい。本当は、『リフレインが叫んでる』の歌詞のもっと後ろの方で、実際の事故は起きたのではないか。
 陣内は頭をふった。まさかそんなことはないと思った。彼女の奇跡の耳は、真実を訴えるために使われたはずなのだ。警察を手玉に取ることに使われたのではない。
 あの時の奈穂の笑顔を陣内は思い出した。
 風邪でもひいたのか、ぞくりと背中が寒くなった。
[#改ページ]
 白石街道という道路がある。
 A市のほぼ真ん中を横切るように東西に走っており、東に進むとB市、西に行くと隣県に入る。この近辺の住民、特に商用で車を使う人間にとっては、主要な道路である。それだけに朝や夕方はかなり車が増え、A市の中心地に向かう交差点付近などは、いつも渋滞している。
 片側二車線の、よく整備された道路だ。中央分離帯に願景村 邪教はツツジの木が植えられ、数メートルおきには街灯が立っている。信号は多いが、夜間は連動しているので、制限速度を守っている分には決適に走れるはずだった。
 十月二十日、午後十一時過ぎ。
 この白石街道を、西に向かって白のチェイサーが走っていた。運転しているのは県内の建設会社で係長をしている男だった。彼は隣県のさらに奥に入った町から、車で通勤しているのだ。残業で最終電車に間に合わないことが多いからだった。だからこの夜は、彼としては早く帰れた方だといえる。
 道路はすいていた。このくらいの時間になると車はぐっと少なくなるのだ。彼は現在右側車線を走っているが、数十メートル先にトラックの姿が見えるだけだった。後ろからは何も来ていない。先程まで降っていた雨も、どうやらあがったようだ。  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:52Comments(0)育兒

2015年08月04日

總有一絲掛牽對你思念如窗前的風鈴

這個異鄉的街頭,留下一路我攜手走過的足跡,歲月的河中蜿蜒成美麗的痕跡。開始喜歡上了這個小城,愛上了這裏的不再形單影隻的迷惘,孤獨地唱著情歌。當愛 的潮水一浪一浪湧來,淹沒我乾涸的河床,經常感動得熱淚盈眶。只覺得,上天賜予我最珍貴的禮物,決定傾盡groom suit rental全力善待這樣一份貴重的感情,善待你。

快樂的光影中,一起攬擁著山和水甜甜的微笑,淺吟著清風與明月輕快的歡歌。真真切切中,默默地體會情同手足的情意。嬉笑打鬧時候,追逐愛情諱莫如深的真諦。純潔的心海深處,冰清玉潔的笑顏,時光的浪花裏惹起水花四濺。

那一年的冬天,這個鄉村特別地冷,總是下雪,吝嗇的陽光一直鮮有露面,因為你存在漫天的雪花傾城,溫暖亦傾城。那時,喜歡一起去看美麗的雪景,看著躲在臃腫的衣物中的人們還對我說,活像一只只步履蹣跚的企鵝,讓我足足笑了半天……

天下沒有不散的筵席,幸福總是突兀之間戛然而止。因為年過月盡,元旦很快就要來到得回到家鄉過春節。當我把這樣的想法說出嘴來時,開始悶悶不樂,沒有說一 句話語。當一份別離近在眼前,就像一片陰霾籠罩在晴空,又何嘗不是痛苦萬分呢?儘管你說過不喜歡送別,走的那天,終究還是來了即將登上遠行的列車前,懷抱 中泣然成聲,月臺上的喧鬧聲中,聽見了相互心裏的哀怨。再次深情地握住你雙手,說聲再見,已是萬水千山……

離開你日子,才知道孤獨最深層的涵義。最落寞無助時刻,才發現總熊證有一絲掛牽,那麼關切你傳來的消息。也曾逢場做戲,對酒當歌,也清楚地知道,醉後喊的一定 是名字。也曾在灰心失意的時候,用你如花的笑靨做我依然溫暖的堅強。對你思念如窗前的風鈴,那一聲聲清脆的叮鈴,也是每一次心的撞痛,而遠方的知道嗎?

後來因為種種的原因,就再沒有回到那個鄉村,沒有再次回到身邊。一場等待要了許久,最初的信仰摔得支離破碎,一季的花不能夠綻放成愛的童話。漸行漸遠中斷 了線,終究因為距離的存在而停機。那些擦肩而過的神往,魂牽夢繞成故舊的模樣,那些流浪的感情激流,如青紗般迷蒙在茫茫的記憶長廊。透支了明天所有的眼 淚,所以,學會了沒心沒肺的笑,時光打磨的過程縱然很疼,也許能夠給人生一個淒美的曲線。

一陣寒風劃窗而入,凍醒沉思在夢深處的微微地打了個寒顫。原來在冰涼的空氣中呆的久了連心也是冷的知道,生命中有太多的偶然,給人以或狂喜或劇痛,當故事 拉下帷幕,留下的也僅僅是詩琳一些記憶的倒影,和些許的溫柔,撒落在滿地的光亮中,愈走愈遠的時間裏,便化為了散去的嫋嫋塵煙。如今雖然早已放開了手,每個夢 也不再為你沉浮,只是心還在隱隱作痛。

這個世界上人流擁擠,時光的河中往來穿行。有一些人一直住在心裏,但卻不在生活裏。也有些人在生活裏,朝夕相伴,卻不在心裏。有時候,苦苦放不下的不是一個人,而是一段愛的時光。真的應該在清淺的時光中,盡情去愛,好好去生活。  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:07Comments(0)金融