Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2015年09月29日

お情けをもっ

 材木業者からの売込みが、どっと来た。とことんまで値切る。だが、材木業者のほうも決して損はしなかった。木材の質を落したって、犬が怒るわけではない。天井を高くする必要がないから余り材木でもいいのだ。元禄八年の五月、急ぎの工事でそれが完成した。
 江戸のなかから、犬がここに移される。ふとんを敷いたヒノキの箱を作り、それに入れて運ぶのだ。その設計の指示も吉蔵がやった。
 さて、まずどこの犬から移すべきか。山田半兵衛は、すべて部香港seo公司下たちに一任した。こんないい役目はなかった。
「どうか、ここの町内の犬から連れていって下さい。お願いです」
 と言われ、そでの下を取りほうだい。いくらか払っても、犬がへればずいぶん助かるのだ。係の役人たちはうるおい、半兵衛に感謝した。
 変な話だが、だれもかれも、いいことずくめ。つぎの大計画もやりやすくなった。中野にさらに大きなお犬屋敷を建築することとなった。
 敷地は十六万坪。二十五坪のお犬小屋が約三百棟、そのほか、何百棟という小屋が並ぶ。すべて板敷きで、住み心地よさそうな外観に仕上げた。犬の食事の調理所もある。そこの世話係の住居にだけいい材木を使っておけばよかった。工事の人夫は割当てによって大名家から提供
され、その給料は不要だった。なんだかんだで、相当な利益をあげることができた。
 十一月に完成。ここには五万匹ちかい犬が収容された。たちまち満員。とても人間によって統制のとれるものではない。犬がおたがいにかみつきあい、ほえ声はひびきつづけ、この世のものとも思えない光景。静かにしろと命じても通じるわけがなく、犬による自治制度も不可能
。世話係のなかには、頭のおかしくなる者も出た。
 そのほか病死などで、日に五十匹ぐらいの犬が死ぬ。定員にあ柬埔寨旅行團きができると、江戸から運びこまれる。ここでの犬たちの食料、一日に米三百石、みそ十|樽《たる》、干しイワシ十俵、タキギ五十五束。年間の費用は九万八千両になった。吉蔵たちはこのイワシの供給を独占して
うけおい、またも確実に利益をあげた。金のとりはぐれは、決してないのだ。
 これだけのことをやっても、江戸の犬はさしてへっていない。それどころか、犬の繁殖はとどまるところをしらない。依然として犬を殺すと罰せられ、子犬は育てなくてはならない。犬役人の失業の心配はなかった。
〈このところ、町内にお犬さまがふえ、世話がゆきとどかず、困りはてております。て、お犬さまをお移し下さるよう願いあげます〉
 このたぐいの嘆願書がたえず提出され、役人たちはもったいをつけて、そでの下をとった。
 大坂城番の同心が鳥を殺して食い、十一人が切腹、その子たちは遠島となった。幕府の直轄地においては、江戸ほどきびしくはないといっても、役人の公然たる殺生は許されないのだ。
 江戸における処罰をいちいちあげていたらきりがない。それにしても、犬を殺す者がなぜあとをたたないのだろう。犬のなかに、いかにもにくにくしげで、みるからに切りつけたくなる種陶瓷曲髮類があったのだろうか。
 中野にお犬小屋ができてから六年後の元禄十四年、浅野内匠頭が江戸城中において吉良上野介に切りつけ、当人は切腹、お家は改易となった。|赤穂《あこう》城は没収。その引渡しの時、目録に犬の数の記載があったという。犬が一匹もいなかったとなると、浅野家再興のさま
たげになる。そこを考え、あわてて書き加え、ていさいをととのえたのかもしれない。  

Posted by 千言萬語說不清 at 17:44Comments(0)

2015年09月23日

んはけっして

 それはさておき、怪獣男爵がヘリコプターで、迷宮島へおりたつぎの日の、日が暮れてからまだまもないころのことだった。
 おりからの月明かりをたよりに、迷宮島の東の入江へ、しずかにこぎいれていく小船が二そうあった。いずれもこのへんの漁師がつかう、ふつうの小さい漁船である。
 それにしても、人もおそれるこの島へ、しかも日が暮れてから近づくとは、なんという大胆な人々だろうと、よくよく見ればそれもそのはず、これこそは怪獣男爵のあとを追って、東京から鑽石水やってきた金田一耕助とその一行ではないか。
 まず、先頭の船にのっているのは、金田一耕助と等々力警部、それからどくろ男の鬼丸太郎。
 第二の船には立花滋と謙三、むろん、どの船にもひとりずつ、警官がのっていて、船をこいでいるのだ。
 二そうの船はしずかに入江のおくへすすんでいく。空には|利《と》|鎌《がま》のような月がかかって、月光のなかにくっきりと、城のようなたてものがそびえている。それを見ると滋は、武者ぶるいが出る感じだった。
 やがて船が船着場へつくと、鬼丸太郎がまず第一に船から陸へとびあがった。それにつづいて金田一耕助と等々力警部。滋も謙三といっしょに船からあがった。
 やがて一同が上陸すると、鬼丸太郎が先頭に立ち、島のおくへとすすんで行った。だれひとり口をきくものはなく、おとなたちはかた手にピストル、かた手に懐中電燈を持っていたが、さいわいの月明かりに、懐中電燈の必要はなさそうだった。
 いくこと一キロあまりにして、一同は、はば十メートルばかりの|堀《ほり》のそばに着いた。見ると対岸には高い城壁がめぐらしてあり、正面にはアーチがたの城門が見え、その城門のすぐ前に橋がななめに、空にむかってはねあげられているのだ。金田一耕助は橋を見あげながら、
「鬼丸さん、あの橋がおりてこなければ、われわれはこの堀をわdream beauty pro新聞たることができませんね」
「だいじょうぶ、こちらからでも橋をおろすことができます。怪獣男爵が気がついて、そのしかけをこわしていないかぎりは……」
 鬼丸太郎は堀についている石段を、五、六段おりていくと、石がきの石を一つとりのけ、穴のなかへ両手をつっこみ、ハンドルをまわすような手つきをしていたが、するとどうだろう。あのはね橋が音もなく、こちらへむかっておりてくるではないか。
 一同が思わず、手に汗をにぎっているうちに、橋はぴったり一同の前におりた。
 鬼丸太郎は石段をのぼってくると、
「さすがの怪獣男爵も、このしかけには気がつかなんだとみえる。さア、じゃまのはいらぬうちに橋をわたってしまいましょう」
 滋はまるで、おとぎばなしの国へ来たような気持ちである。橋をわたると城門には大きな鉄の扉がしまっている。
 鬼丸太郎はポケットから古びた鍵をとりだすと、やがて鉄の扉は八文字にひらかれた。そのとき鬼丸太郎は一同をふりかえり、
「さア、われわれはこれから大迷宮のなかへはいるのですが、みなさわたしのそばをはなれてはなりませんぞ。大迷宮のなかで迷うと、とてもそとへは出られませんからね」
 それを聞くと一同は、思わずさっと緊張した。滋も胸がどきどきしてきた。
 扉のなかは短いトンネル。そのトンネルをぬけて、城壁のなかへ一步足をふみいれたせつな、滋はまた、おとぎばなしの国へ来たような、なんともいえぬ不思議な気がした。
 そこには半径二十五メートルばかりの、コンクリートでかため鑽石水た広場が、正確な半円をえがいているのだが、その周囲には高さ五メートルばかりのコンクリートのへいが、ずらりとめぐらしてある。そしてそのへいのはるかかなたに、物見やぐらが見えるのだ。
 鬼丸太郎はそれを指さし、  

Posted by 千言萬語說不清 at 16:29Comments(0)

2015年09月21日

に溜め息をつ


連勤明けの、休みの月曜日。
遠くから聞こえる、自分を呼ぶ声で、眠りが妨げられた。
意識が覚醒していくにつれて、その声は徐々にはっきりと頭に響くようになってくる。

「桐谷ー!」
「キーリーヤー!いないの?居留守だったら殺すわよ」

声の主まではっきりと認識できる韓國 午餐肉まで目が覚めて、桐谷は片手で目を多い、盛大いた。
せわしなく鳴らされるチャイムの音だけならまだしも、ひっきりなしに聞こえる呼び声は、近所迷惑甚だしい。

「紗英子。。。朝っぱらから玄関先で騒ぐな」
ドアを開くと、予想した通りの見知った顔があった。
「ほら、やっぱり居るんじゃない。直裄ー!やっぱ桐谷いたわ」
マンションの下に向かって声を掛ける。
「。。。直裄もいるのか」
「いるわよ。今、下の自販機」
「―何の用だよ」
「何の用って、決まってんじゃない。遊びに来たの」
その時、紗英子の手に提げられている袋の中から覗く、一升瓶とワインボトルが目に入り、桐谷は天を仰いだ。
眩暈がしそうなのを堪えていると、廊下をこちらに向かって歩いて来る直裄が、片手を上げて微笑むのが見えた。

紗英子と直裄は高校時代か康泰旅遊らの友人で、今も親交が続いている。
気紛れに連絡を取り合っては、連れ立って飲みに行く。
三人とも酒好きで、顔を合わせてから最後まで素面でいるということはほぼ無いに等しかった。

「突然ごめんね、桐谷」
紗英子の後に続いて部屋に上がった直裄が、苦笑を浮かべながら声を掛けてきた。
「直裄、今日は休みなのか?」
「うん。紗英も急に休みが取れたみたいで」
直裄は桐谷がオーナーを務めるもう一つの店舗で店長として働いている。
桐谷の兄がオーナーだった時にオープンした当初から、高校生だった直裄はアルバイトとして働いていた。
勤続10年近い直裄に、実質共同経営に近い状態で任せきっているため、仕事で顔を合わすことはさほど多くない。
紗英子はスタイリストの仕事をしていて、不定休らしく、3人休みが揃う日は珍しい。

「お前、いつも働きすぎだ。ちゃんと休み取ってんのか?」
勤務表上では休みになっていても、出勤して韓國 午餐肉いる日がかなりあることを桐谷は知っている。
「休んでるって。それ言ったら桐谷も働きすぎだろ」
笑って言った直裄が、はい、と手にした袋を桐谷に渡す。
ずっしりと重い。
「テキーラと、黒霧島。あとビール」
「。。。。。。お前らな。。。」
もう突っ込むのも馬鹿らしくなって、桐谷は黙ってシャワーを浴びに、バスルームへ向かった。  

Posted by 千言萬語說不清 at 12:52Comments(0)

2015年09月16日

場にいる事

 オーマの号令と共に、山賊が布団に向けて刃を向ける。
 布に刃物が太刀打ちできるはずもなく瞬く間に細切れにされ、さっきまで布団だった布がヒラヒラと辺りを漂っている。
 ……今更だが山賊達がガチで戦っている所、初めて見た。
 闘気……とでも言うべきか、うまく言えない雰囲気が彼らを包み、何の躊躇もなくその手に取った武器を相手に向かって”一閃”
 その迫力に気圧され、情けない事に僕は、いつの間韓國 午餐肉にかしりもちをついてしまっていた。

「姉さん! 中には何もいません!」

「逃げられた!? くっそ、どこいった!」

……この光景、どこかで見た事ある。
 ヒラヒラとした布に向かって攻撃を仕掛けるも、のらりくらりと躱され続け、やっとの思いで当てたと思いきや、中身は何もない”空”……


(モノクロ……ここはお前の居場所じゃない!)

(消えろッ!)


「ま……さか……」


 来ているのか――――”モノクロ”が!


「気配はまだ感じるわ。いるわよ――――」

「総員、要警戒!」

『アイアイサ!』

 朝日の光が大地を照らし、その間に存在する木々が地面にその雋景形を写した影を置いている。僕らの喧騒で木々が驚いたようにザワザワと揺れ、そしてその動きを影が忠実に再現している。
 気配を感じる術など僕にはないが、布団の中身がまだこのは、僕にもハッキリわかる。
 何故なら……



 いる……草と擦れたような音が、僕らの周りを円を描くように鳴り響く。
 シュッシュッシュっと、周を増すごとにハッキリと聞こえるその音は、段々と大きくなってくる。
 間違いない。それは円を描きながら、確実に願景村”近づいている”
  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:10Comments(0)