Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2015年11月23日

な空気で満たし

その社員から夢の入ったディスクを受け取ると、修斗は部屋を出ていった。
「どうしたの?」
「よく分かんないけど、夢を仕分け班にもっ迪士尼美語 世界ていってくれるっていうから」
「?」

 修斗は、自分の仕事場に戻り、机の引き出しを開けた。そして封筒を取り出すと、その中に先ほどのディスクと一枚の紙を入れた。
「さてと……」

 要は、突然部屋に現れた修斗を見て、心底驚いた。
「ど、どうしたの?」
「ああ、夢もってきた」
「え?でも矢波君は配達班じゃ……」
が、修斗はそれ以上何も言わず、夢の入った芝麻梳打餅封筒を要に渡すと、部屋を出ていった。
「……あ、これ……!」
要が修斗に渡した封筒だった。中に入っていた紙を開いてみて、思わず要は笑ってしまった。
「何コレ……」
丸が書いてあるだけだった。しかし、要は笑い続けていた。周りの社員は何事かと不審がっていたが。

 自分の仕事場に戻ってきた修斗は
「どこ行ってたんだ?」
雅史に訊かれ
「配達とお知らせ」
素っ気なく言い、そのまま仕事に出ていった。

 宏忠は、久しぶりに他の班を回っていた。数年前とは、大分変わっていることに気づいた。
 社内が明るくなった。若い班長が多くなってきたことが、その理由の一つだろう。応対班の音沢阿佐美は、今日も冷静ながら、部屋を和やかているし、編集班の平河隆介も元気がある(……と、宏忠が思ったのは、隆介が明里から逃げているのを見たからである)。
「この会社の未来は明るいな」

 たった今、午前〇時を回ったところだ。ある家迪士尼美語 世界屋根の上に、湧奈はいた。
 湧奈は、ウエストポーチから夢のコピー機をを取り出して、屋根に取り付けた。そして数分後、すぐに取り外して、またポーチに仕舞った。それが済むと彼女は屋根から飛び降りた。が、物音一つ立てず、軽やかに着地した。
「何してるの?」  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:09Comments(0)

2015年11月16日

目を逸らす

 小さいと言われて反論しようと思ったが、こうもマイペースだと反論する気も失せてしまい、健人は何も言わずにツバサを見た。物凄くマイペースだけれど、嫌味がなくて、思ったことをすぐ口に出してくれるから一緒に居て楽だった。
「俺のことはツバサでいい。俺もお前のこと、健人って呼ぶし」
「……は!?」
「なんか、健人と一緒にいると、落ち着く。煩くないし」
 そう言われて、少しだけ嬉しくなった。けれども、その言葉pretty renew 雅蘭に喜びきれず、健人は俯いてしまった。誰かからこうして、一緒にいると落ち着くなんて言われたことは無かった。だから、喜ばしいけれど、それを言ってほしい相手はツバサではない。脳裏に、歩の顔がよぎった。
「健人!」
 遠くから名前を呼ぶ声がして、二人は一斉に振り向く。公園の入り口には歩が立っていて、早歩きでこちらに近づいてくる。その顔は少し怒っているようで、健人は。どうして、ここまで来たんだろうか。理由は分からない。この前と同じように遅いから気になって様子でも見に来たんだろうか。優しくしてくれればしてくれるほど、苦しくなっていPretty renew 代理人くのが分かった。
「あれ、一緒に居たの林だったんだ」
「……俺がいたら、悪かったのかよ」
「いや?」
 歩はにこにこと笑いながら、目の前までやってくる。ちょうど、健人とツバサの間に立って、二人に目を向ける。黙ったまま、何も言わずに、数分が経過した。ジリジリと蝉の鳴き声だけが、この空間での音だった。
「えーっと、あっれ? なんか、邪魔した?」
 気まずくなった歩が二人にそう言うが、健人もツバサも答えなかった。邪魔をしたわけではないが、なんとなく歩がいると気まずい。健人は歩を見上げてから、そっと目を逸らした。
「……あのさ」
 健人の隣にいたツバサが少し不機嫌そうに歩へ話しかける。先ほどよりpretty renew 雅蘭も低くなった声音に、健人は驚いてツバサを見た。煩いと言っていただけあって、ツバサは歩のことが嫌いなんだろうか。
「お前ら、仲悪いの?」  

Posted by 千言萬語說不清 at 13:16Comments(0)

2015年11月09日

もう倒れるこ

「帰り道に倒れてたとか言われたら、後味悪い。それ、部から持ってきた奴だから気にすんなよ」
 健人がもう一度、ありがとうと言おうとしたときに「せんぱーい!」と大きい声に健人の声がかき消された。その声にツバサは嫌そうな顔をして、振り返る。
「は、や、し、せんぱーい! もうご飯、食べちゃいましたー?」
 陽気な声がツバサを呼んでいる。その声を聞くなりに、ツバサはは鑽石能量水 問題ぁと大げさにため息を吐いて「煩いのが来た」と不機嫌を露にした。パタパタと走って来たのは、ツバサと同じ服を着た背の高い男。先輩と呼んだからには、1年生なんだろう。
「少し、休んでから帰れよ」
 ツバサは走ってきた後輩を無視して、健人に話しかける。ツバサも歩と同じぐらい背が高く、並んでいると健人は顔を少し上げないといけない。それ以上に、やってきた後輩は背が高かった。そちらばかり目が行ってしまい、健人はジッと見つめてしまった。
「あれー、林先輩のお友達ですか? 林先輩っていつも一人でいるイメージが強くて、友達なんていないと思ってました!」
 明るくそういう後輩に、ツバサは「クラスメートだ」と言って健人から目を逸らした。さりげなく酷いことを言ったにも関わらず、ツバサはそれを気にすることなくスルーしている。そのやり取りは、傍から見ているととても奇妙なものだった。
「じゃぁ、俺、部活あるから行くわ」
「……あ、うん。これ、ありがとう」
 健人がスポーツドリンクを掲げると、ツバサは先ほどと同じように口元だけ歪ませて「どう致しまして」と言い、隣に立っていた後輩を無視して歩き始めた。ツバサが歩き始めたのを見て、後輩は健人に「失礼しま抗氧化す」と最敬礼をしてからツバサの後を追った。
 さすがは剣道をしているだけあって、とても礼儀正しいと思った。立ち去っていく二人の後姿を見つめて、健人はもらったスポーツドリンクのキャップを開けた。知らない間に喉が渇いていたようで、一口、飲み込んでからはごくごくと喉を鳴らしてペットボトルの半分ほど飲んでしまった。
 キャップを閉めて、健人はペットボトルをかばんの中に仕舞った。とは無いだろう。そう勝手に決め付けて、健人は昇降口から出た。

 テストが終わった後、すぐにテスト休みに入ってしまい、健人はツバサにもう一度礼を言うチャンスを失ってしまった。終業式で学校へ行ったときは、大会が近いからと言って練習のために教室へは顔を出さなかった。結局、礼を言うことも出来ずに、健人は夏休みを迎えてしまった。
 特にやることの無い夏休み。誰かと遊ぶ約束をしているわけでも無いし、遊ぼうとも思っていなかった。初日から、宿題に取り掛かったせいで、健人はほぼ1日で宿題を終わらせてしまった。華の17歳に沢山の宿題を出しても意味がないと分かっているのか、宿題の量はさほど多くない。大半の人が、31日になってから慌てて取り掛かる宿題を、健人はすぐに終わらせてしまった。
 窓から見える外は、非常に暑そうで、陽炎が揺らめいている。強い日差しは窓の外からでも良く分かり、外へ出る気が一気に殺げた。健人は4月に買った数学の参考書を手に取った。健人が買った数学鑽石能量水 問題の参考書は高校生が使うような参考書ではない。もう少し高度な、大学生レベルの参考書だった。この参考書を買った時点で、大学に行こうと言う気は少なからずあったのだが、その一歩が踏み出せなかった。  

Posted by 千言萬語說不清 at 18:49Comments(0)

2015年11月03日

しきものを刻んだ

噛み合っているのかいないのか微妙な会話だったが、ともかくこの数日奏が家にいない理由は分かった。保険証を取りに室内に上がった本多が戻ると、喬允は勢い込んで訊ねた。

「本多さんと仰いましたね。奏に何が歐亞美創美容中心あったのか教えてください」
「仕事で失敗した。こちらの言う通りにせず勝手な行動をとったのだから、自業自得だ」

情のかけらも見せずばっさり切り捨てる本多に、喬允は声を荒らげて詰め寄った。

「あなたは奏の恋人でしょう? そんな冷たいことをよくも―――」
「私は恋人ではない。まあ敢えて言えば仕事仲間。依頼人だ」
「恋人じゃ……ない? でも確かこの前は……」
「無理やり恋人のふりをさせられただけだ。あんな茶番に巻き込まれて、はっきり言って迷惑だ」

喬允は驚きを隠さず、ゆるゆる激光永久脫毛と首を振って、

「なんでそんなことを……」

すると本多は、初めて瞳に感情ら。哀れむような目で喬允を見つめ、

「分からないのか?」

喬允は何も言えず、ただ項垂れる。本多は再び結晶の瞳に戻り、

「私はこれから奏のいる病院に行くが」

喬允はその言葉に弾かれたように顔を上げ、「俺も行金光飛航きます」と言って本多とともにビルを出た。  

Posted by 千言萬語說不清 at 13:50Comments(0)