Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2015年12月16日

台風がやってく

今年は、さんざん痛めつけられ、傷も癒えないのに
再び、列島を震撼させている。
「もう台風は、いいよ」Diamond水機と言っても、こればっかりは致し方がない。
こちらができることと言えば、この招かれざる客に対して、
なるべく遠くを、こともなく過ぎ去ってもらうことを念じるしかない。
以前は、ハリケーンに女性名がつけられ、
日本のアメリカ統治時代には、台風にも
キティ台風やジェーン台風などという名前がつけられていた。
いかにも、聞き分けのないヒステリックな女性のようなイメージができてしまい、
性差別とも捉えられる懸念から、
今は、男の子名と女の子の名前が交互に付けられている。

台風のことを古くは「野鑽石能量水分(のわけ・のわき)」という名前で呼ばれていた。
夏目漱石に同名小説があり、
また、『源氏物語』の第二十八帖に「野分」というのがある。

この帖は、光源氏の長子の夕霧の視点が中心となっている。
思春期を迎えた夕霧は野分けが吹き荒れ混乱する中で
「紫の上」の姿を垣間見て、彼女の美貌と気品に衝撃を受ける。
また、父光源氏と美しい「玉鬘(たまかずら)」との接し方に疑問を抱く。
「紫の上」を気高さと優雅さそして身のこなしの美しさなど、
大人の女性に対して、恋心を抱く。
そして、若い娘としての「玉鬘」にも思いを寄せる。
この「野分」は、夕霧の心能量水の中を吹き荒れる恋心の象徴かもしれない。

2000年より、台風にアジア地域で共通となる名前をつけるようになった。
カンボジアの「ダムレイ」という名前からから始まり、ベトナムの「サオラー」
まで、140のアジア名をつけるようになった。
日本はおもに、「てんびん」や「わし」といった星座名をつけている。

『源氏物語』に登場する「葵の上」「朧(おぼろ)月夜」「夕霧」
といった名前をつければ、厳しい台風も、
どこか優雅な香りが漂うことになるかも知れない、と思うがどうだろう。  

Posted by 千言萬語說不清 at 12:09Comments(0)