Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2016年03月01日

感情を封印す

私たちも当然、川下りを楽しむ予定だ。

 佐優梨はその川下り中二按貸款に岡崎忍を突き落とすと言った。

 私が恐くなったのは、岡崎忍のある弱点を知っていたからだ。

「何言ってるの。彼女、泳げないのよ」

「美保だって岡崎さん嫌いでしょ」

「私は」

 佐優梨にストレートに聞かれ、私は狼狽した。

 恨みを引き摺る女ではないが、岡崎忍に対しては違っていた。

 意識的に顔を合わさないようにUnique Beauty 好唔好してきたのだ。

 自らの悪るために、だ。

「彼女、陸上部だったのに、2年の時、バレー部に急に入ってきて、美保をレギュラーの座から引き摺り落としたんでしょ」

「その事は今でも恨んでる。陸上部じゃレギュラーになれないけど、バレーならなれそうだって言ってたし。それに自分の好きなようにチームを変えてしまったし」

 私はバレー少女だった。

 うまくはなかったが、バレーだけを愛していた。

 中学校のバレー部は弱かったが、みんなyou beauty 陷阱一生懸命に練習に取り組んでいた。  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:27Comments(0)