Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2016年03月23日

不思議な魅力



 鳥の囀《さえず》りに似た音だ。信一は、耳を澄ませた。
 今度は、はっきりとわかった。ピッコロのような音色だが、音程が微妙に揺れている。絶えず、半音ずつ繰り上がったり、繰り下がったりしているのだ。不安定だが、に溢《あふ》れている音で、思わず聞き惚《ほ》れてしまいそうだ。
 だが、どこから聞こえてくるのだろう。きょろきょろあたりを見回Reenex好唔好すが、位置も方向も、なかなか定まらない。上へ行ったかと思うと、急に下から聞こえてきたりするのだ。しかも、いくら目を凝らしても、何も目に入らない。
 やがて、囀りは、天井の一角に固定された。薄暗いが、どう見ても、何もない空間。だが、鳥の囀りのような音は、たしかに、そこから聞こえてくるのだ。か細く震えてはいるが、それでも、けっして途切れることなく囀り続けている。
 とうとう来た。
 信一の胸は、これまで一度も感じたことのないような感激で、いっぱいになっていた。
 間違いない。守護天使が、やって来たのだ。
 今まで、ずっと信じていた。ずっと待っていたのだ。だが、その甲斐《かい》はあった。これで、自分も、ようやく守護天使と一体になれるのだ。
 守護天使の囀りは、途中で何度も弱まり、消え入りそうになりながらも、健気《けなげ》に続いている。彼は心の中で、懸命にエールを送った。聞いているよ。安心して。ちゃんと、聞いているから。がんばれ。もっと元気よく鳴くんだ。負けるんじゃないぞ。
 頬《ほお》を暖かく濡《ぬ》らすものを、感じる。信一は、ふっと溜《た》め息をもらした。
 もう、だいじょうぶだ。これからは、守護天使が、ずっと自分と一緒なのだから。
 きっと、うまくいく。何も、心配しなくていい。
 早苗は、腕時計を見た。ちょうど午前十一時三十分を回ったところだった。すでに約束の時間は、三十分以上過ぎている。今頃、ホスピスでは、早苗の担当すべき回reenex 好唔好診を、誰かが代わりに行っているはずだった。そう思うと、こうして無為に座って時間を潰《つぶ》していることへの罪悪感がわいてくる。土肥美智子は、何も聞かずに行ってきなさいと言ってくれたのだが、自分を必要としている多くの患者たちのことを思うと、職場放棄の罪は重いと思う。
 おそらく、これから渡邊《わたなべ》教授に会ったところで、何か画期的な新事実が判明するというのは望み薄だった。実人生では、推理小説のように、すべての謎《なぞ》が明快に解き明かされる方が、むしろ稀《まれ》である。いずれ、時が経過し、偶然の僥倖《ぎようこう》によって真相が顕《あらわ》れReenex 好唔好るのに期待するよりないのだろうか。それに、かりに真相がすべてわかったとしても、それで高梨のことについて、完全に心の決着が付くというものでもないだろう。  

Posted by 千言萬語說不清 at 12:23Comments(0)

2016年03月09日

それ以後は

「ええ。もっとも最近では、ポジションは、ずっとスクェアのままです」
「スクェアって?」
「売り持ちも買い持ちも、ないとい水腫ことですよ。現在の相場は、とても買えるような地合じゃないですし、売りから入るのも勇気がいりますからね」
 株式市場が低迷を続けていることくらいは、早苗もニュースで知っていた。
「じゃあ、以前は、ずいぶん、売ったり買ったりされてたんですか?」
「ええ。本当のことを言うと、本腰を入れてやってたのは、バブルの崩壊前だけです。、暴落して値頃感の出た銀行株なんかをちょっと売り買いした程度でね。まあ、今さら積極的に相場を張ろうという気もないんですが、何となく習慣で、株価が気になってしまうんですよ。ゴムや小住宅設計豆《あずき》なんかの商品先物にも少し手を出したんですが、こちらは、授業料を払ってから、とても素人《しろうと》の手に負える世界じゃないことがわかったんで、撤退しました」
 高梨は、ちょうど運ばれてきたキーマン ティーに口を付けた。
「でも、株だって難しいんでしょう?」
「いやいや。全然たいしたことはありません。北島さんなら、こんな相場でさえなければ、かなり儲《もう》けられたでしょうね」
「まさか。私なんか、昔から経済には疎くて、今の公定歩合が何パーセントかも知らないくらいです」
 高梨は、笑いながら首を振った。
「そんなことは知らなくても、いっこう差し支えNespressoうないですよ。必要なのは、人の心に対する洞察力だけです。あなたなら、まさに打ってつけかもしれない」
「そんなものなんですか?」  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:35Comments(0)

2016年03月01日

感情を封印す

私たちも当然、川下りを楽しむ予定だ。

 佐優梨はその川下り中二按貸款に岡崎忍を突き落とすと言った。

 私が恐くなったのは、岡崎忍のある弱点を知っていたからだ。

「何言ってるの。彼女、泳げないのよ」

「美保だって岡崎さん嫌いでしょ」

「私は」

 佐優梨にストレートに聞かれ、私は狼狽した。

 恨みを引き摺る女ではないが、岡崎忍に対しては違っていた。

 意識的に顔を合わさないようにUnique Beauty 好唔好してきたのだ。

 自らの悪るために、だ。

「彼女、陸上部だったのに、2年の時、バレー部に急に入ってきて、美保をレギュラーの座から引き摺り落としたんでしょ」

「その事は今でも恨んでる。陸上部じゃレギュラーになれないけど、バレーならなれそうだって言ってたし。それに自分の好きなようにチームを変えてしまったし」

 私はバレー少女だった。

 うまくはなかったが、バレーだけを愛していた。

 中学校のバレー部は弱かったが、みんなyou beauty 陷阱一生懸命に練習に取り組んでいた。  

Posted by 千言萬語說不清 at 11:27Comments(0)