Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2016年07月28日

雲は見当たらず

 この週末は一歩も外に出ない決意でミシンの前にいた。ひとdermes 脫毛價錢つは、円形のクッションの、周りがぐるっとファスナーになっているカバーが汚れたので別の布に替えようとしたのだけど、このファスナー付けがなかなかうまく行かなかくて時間がかかった。(久しぶりに円周を計算した!) 後はパンツの裾直しなど。これはお手のもの。買い物は夫が高校野球観戦の帰りにしてくれた。『君の膵臓を食べたい』(住野よる 著)を一気読みした。さらに今日こそはこの日記を更新する決意でもってパソコンのスイッチを入れたのだけど、最初に目についたamazonで本日のセール商品『ガダラの豚1』(中島らも 著)をKindleにダウンロードしてしまい、危うく読み始めるところで日記更新の決意を思い出し、こうして今ここにこんなことを書いている。
 
 読書の夏だ。去年も書いたと思うけれど、読書の記憶は秋より夏に多い。何より涼しいところでじっとしていたい。閉めきった窓、うっすら聞こえる蝉の声。そんなわけで更新は休みがちになる予感だけど、こうして書き始めたから明日も書くのかもしれない。
 
 そうそう、『君の膵臓を食べたい』はびっくりするようなタイトルだけど、猟奇小牛熊證計算説ではなく青春小説だ。ラノベという批判も読んだし、ヒロインが不治の病であるところなど『世界の中心で、愛をさけぶ』のようなものかしら、そういえばあれも夏に読んだなーとちょっと斜に構えて読みはじめたのだけど、もう少し明るさのある友情がメインであり、本好きで人とは関わらず内向きだった主人公(又吉さんみたい)がヒロインの影響で自分を変えていくところなど清々しく読んだ。

 今日は虹の日(日本記念日協会認定)だ。
 7(なな)16(いろ)という語呂合わせらしい。
 
 それでふと思ったのだけど、「虹の向こうに」というときに思い浮かべる方向(?)ってどこが一般的なんだろう。「虹(の橋)を渡って……」と言うくらいだから、虹の上を渡って行く方向(反対側の端の方向)だろうか。……なんか変なこと言ってる気がするけど続ける。
というのもわたしは、虹はアーチ状になっているのを目の前にするせいか、「虹の向こう」といえば、アーチの下をくぐってその向こう側に行くことを思い浮かべていることに気づいたのだ。でも、よく考えるとそれはあまりにも現実的すぎる。

 そもそも虹はくぐるんじゃなく越えるもの?
もちろん、捉え方はいろいろあっていいんだろう。
「虹の向こう」というのは実際の虹云々じゃない、イメージなのだ。
 でもわたしにはやっぱり、虹のふもとというか、橋の起点が自分の方に向いていて、そこに足をかけて渡る(上っていく)……という発想はできない。なぜなんだろう。高いところが苦手だから?
虹の下をくぐって……虹のシャワーを浴びて、その向こう側へ行きたい。
 そう思った虹の日でありました。

 地下から出ると夏の日差しで空も青い。その空を見上げる人が何人かいて、つられて見上げると水滴が顔に落ちてきた。首を巡らせてもあやしい、まるでどこかのビルの窓から撒き散らされているかのような、パラパラまだらな細かい雨だった。  

Posted by 千言萬語說不清 at 14:55Comments(0)

2016年07月19日

描繪我單純的心靈

風,撫亂了我的發,帶來了遠方泥土的芬芳。沙沙的竹林,嬰兒濕疹搖曳了月影的多情。我漫步在光影變換的院子,放飛了蓄滿多少年的思緒。童年時的純潔無暇和天真爛漫的笑容呢,是否還可以在落日的餘輝中揚起。那悠揚清脆和單純婉轉的牧歌呢,是不是還在我們的耳邊響起。那春天爛漫時在萬花叢中的輕嗅,夏日蟬鳴時午後微懶的小睡,秋月無邊時的蕭瑟孤寂,冬時銀裝素裹的白雪飛揚。。。。。。一切的一切,仿佛就在昨日,轉瞬之間流光溢彩的童年卻早已遠去,留下來的,只是一份埋藏心底的美好回憶。

漸至青蔥的少年,開始在迷蒙的眼眸中探索新奇的世界,嬰兒敏感那時的我總在想為什麼會日落月升,為什麼落葉會去歸根,雨下了怎麼會有彩虹,看到飛起的葉子我們跑去追逐著風。我們開始打開自己懵懂的心,去感受我們不曾觸摸的紅塵,我也開始用這神奇的色彩。

時光老去了,我也開始慢慢長大。經歷了愛恨情仇,經歷了滄海桑田,我在愛與恨的幸福與傷痛中開始經歷不一樣的人生,我們歡笑著,面對幸福的點滴,有時也悲戚著,在午夜夢回。而我現在微笑著,遙想遠方的倩影,不知道現在的你,是否也向我想你一樣的想我。我無言著,因為我知道你不太喜歡我的問候,不太喜歡我過於親密的靠近,我等待著,等待著你那顆飛揚的心什麼時候回落,我只是在這裏倚著門,等待你歸來時的身影。

不知不覺,夜已深了,月開始了西移,而我的身上,嬰兒濕疹斑駁了多少月的光影,我轉身離去,身後傳過來了遠山上鳥兒的聲音。起床,看著竹子林裏已經開始跳躍的松鼠,還有遠處吹來的山風捎來鳥兒的清鳴。我站在自家三樓的頂上,衣袖裏仿佛盈滿了李子花的香。晨風微微,蕩起了樓上清水的皺紋,也吹散了我淩亂的發。

不知不覺,歲月就這樣流去。我們都在時光變幻的塵世裏掙扎忙碌,失去了太多,也收穫了太多。慢慢的長大,那顆純真的心呢,卻沾染了太多的苦痛與黯然。我們總是在旅途的掙扎中希翼著歡樂的降臨,我們都小心翼翼著,行走在你我都在追尋的幸福之中。也許,我們還有些淚水,也有許多的黯然傷神。  

Posted by 千言萬語說不清 at 17:27Comments(0)

2016年07月11日

以字暖情,愜意平生

轉不完的似水流年,留不住的刹那芳華。驀然回首,jacker薯片錯過的風景在眼中黯然成傷。今夜有風,遙望無邊的夜空。寥寥無幾的星光在閃耀。為這樣的夜色平添了一些憂傷。看著月色品味著杯中的茶香, 習慣了夜的安靜,在這寂靜的夜裏一個人坐在電腦前,敲打著鍵盤,在心底感覺這才是最真實的的旋律。習慣一個人靜靜的流覽著網頁,看著他人的故事。多少過客,多少雲煙,一聲離別,天涯流散。

歲月蹉跎了陌路,沿途撒滿了風景,你儂我爾的星辰宿願,蘆薈gel卻在日升月中落寞了心情。一花一世界,一月一星辰,一份情一顆心,沿途走過,潛默著流年的印記,荒漠等待的蒼涼。兩個人,兩顆心,在紅塵中邂逅,淺談,淡笑,牽手,行走,卻找不到十字的交口。於是轉身淚流,輕推軒窗,一縷寒風透浸骨髓,剪影留痕翩然於紅塵之外,淡泊一抹清愁,層層愁如花瓣雨跌墜風前,身若紫紗心似絮,誰是今霄夢裏人?

似水流年,浮華落定。現世安穩,歲月如初。默然。相愛。寂靜。歡喜。小牧味屋誰驚豔入世?誰一生流離?遺世而獨立,如桃花飄落的殘紅,褪盡芳華,不為誰擾,不為誰留。如此,我拈一支素筆,在風月的歎息聲中,永存這一份刻骨銘心的美麗。在這如蓮的時光裏,輕吟淺唱,只待相遇,莫道相離。紅塵不忘,牽掛不斷。看淡了風月那是假話,遠離了繁華不可能生存,即墨難書,我用辭章寫下一世的不舍,寫下我一世的柔情。我在這一世的朝朝暮暮中,獨守著心中的那抹淨土,開成蓮花的素語,遠離塵世,不被輕易的染上污濁。

歲歲凋零,飛花亂逝的季節,一個有一個的夢悵然落下。翻看著那些古老的篇章故事,彩蝶水袖舞清風,暖玉生煙琴幾何,那些的情緣擱淺,一生的離散,我始終落不下那一筆,終是把思念留在那似水年間。 芸芸眾生,只因身在此情中。回首往日,曾經的桃花路,豔豔的開過幾許?又流連了多少來來往往的過客?若,這一季賞遍瓣紅飛落,你可還有護花的溫柔?若,這一世你飄著的輪回,不是記憶裏的殘影,還會不會有這無期的別離?

風月飛舞,時光消夢,相許如煙花般的繁華,傾覆了虛幻的朝朝暮暮。想像總與現實差距很大,誰又能真正穿越憂傷,疊加的情懷,最終剩下的只有無怨無悔的執著。塵埃中一次靜靜地回眸,成了一道永遠蒼寧致遠的風景。
飛逝的年華,攜一縷舊時的春花秋月,落成宋詞裏的癡戀離殤。多想相逢如夢一場,不在讓失落的青春烙上層層傷,看淡過往,浮生留夢,歲月的情緣,零落成一地的斑斕。那些風輕雲淡的日子,仿佛昨日般清晰。淡看流逝的光陰會帶走多少酸澀的淚水,輾轉的年華又會把多少來往過客無情的淹沒?滾滾紅塵,每一個人都在演繹著自己的故事,人生總是在陰晴圓缺、悲歡離合中輪回,世事如棋布迷離,一局擺上誰對奕?若得識破此中意,落子皆輸亦無悔。
  

Posted by 千言萬語說不清 at 18:04Comments(0)

2016年07月11日

以字暖情,愜意平生

你我的相識,偶然,還是必然?命運的神,在生命中圈住了一個又一個人,我在其中,你亦在其中。一座空城,鎖住了誰的半壁江山?一句再見,跌碎了誰的幻海心田?望著昔日的庭院,而今破敗不堪,看不到舊時堂前,燕來燕往,找不到曾經的,地老天荒。你如 一葉扁舟孤帆遠航,我望穿秋水泅渡在你的心海。紙上寫流年。情海一片天,當我們掙脫不開漫天的情網時,那一刻,便都已淪陷了,當前世的債遇上今生的情,不 能左右的未來,是誰將誰的陪伴畫上了句點。

那一年,在分別的站點,淚水模糊了彼此的視線,話語在心口難開,轉身的時刻,淚落成海。那一年我正如煙雨。而你卻最愛天青色,於是便應了那首歌。“天青色等煙雨,而你在等我。南北隔江千萬裏,門環惹銅綠。我記得那一年我只是孤身一人去看一場花事。而我路過江南小鎮卻不知怎的惹了你。你說這世間愛好文字的女人都是前世為愛墮落人間的精靈。或許我也是其中之一吧。

走在寧靜的風情古鎮,走進白牆黛瓦的村落,水鄉湖光的溫柔,古鎮弄堂的寧靜,煙柳畫橋的風景。美麗多情的江南水鄉,也無意中裝飾了別人的夢。歲月深重,總有些滄桑過往。人間煙火,總有些浮華得失。一別成永恆。繁華落盡,我在天涯海角將思念放入漂流瓶任它漂泊,等待著停靠在那個彼岸,可鏡花水月是你和我。夢裏江南,你的相思雨,我的雪花飛。

歲月微涼,一場漫漫煙雨,淋濕了我的記憶,那黛色霜青的江南,留下了我溫婉纏綿的夢。那煙雨朦朦的江南,模糊了你眼角微微的思念。一闋憂傷擾亂半生安寧,心之彼我亦用靜柔清律譜一曲琳琅相對。陌上紅塵,風送客來,醉飲戲夢,邂逅花開。夢裏,片片飛花各嬌柔,墨香,點落字暖情安然。字句拈來,不為筆墨生花,只為逸興遄飛。
  

Posted by 千言萬語說不清 at 18:03Comments(0)