Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
千言萬語說不清
千言萬語說不清
オーナーへメッセージ
タグクラウド

2015年10月19日

たが見えなく


 三太はじだんだふんでくやしがった。いかに三太がすばしこくても、自動車には追いつけない。うらめしそうに、走り去る自動車の、うしろすがたを見ていたが、そのときだった。一台の自動車がそばへとまると、
「よう、三太じゃないか、どうしたんだい」
 声をかけられてふりかえった三太は、運転手の顔を見ると、こおどりせんばかり喜んで、
「あ、|吉《よし》|本《もと》さん、ぼくをのっけてください。ぼく、いま、悪者を追っかけているんです」
「悪者……?」
 吉本運転手は目を丸くして、
「悪者って、いったい、ど、どこにいるんだ?」
「むこうへいく自動車です。あの自動車に悪者がのっているんです。吉本さん、ぼくをのっけてあの自動車を追跡してください」
「よし、それじゃ早くのれ」
 三太がのりこむと、すぐに自動車は出発した。
 吉本運転手というのは、三太がくつみがきをしていたじぶん、こころやすくなった青年なのだ。三太はむじゃきで、かわいい少年だから、だれにでも好かれるのだが、とりわけこの吉本運転手とはだいの仲よしだった。
「三太、きみはいったいどこにいたんだ。ぼくはきみのすがなったので、どんなに心配したか知れやしないぜ」
「すみません、ぼく悪者にだまされて……」
 と、手短に、その後のことを語って聞かせると、吉本運転手は目を丸くして、
「銀仮面といえば新聞にも出ていたが、三太はそんな悪者の仲間にされていたのかい?」
「うん、でも、ぼく、なにも知らなかったんです」
「そして、その銀仮面の仲間の者が、あの自動車にのっているというんだね」
「そうです、そうです。だから、吉本さん、あの自動車を見失わないようにしてください」
「よし、だいじょうぶだ」
 こうして二台の自動車は、まるで一本のくさりでつながれたように、東京の町をぬって走っていくのだった。


Posted by 千言萬語說不清 at 12:39│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。